- 楽しみながら稼げるか?実践記録 -
Google
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
Arduinoのプログラム書き換えエラーが出る時の対処法
JUGEMテーマ:Arduino
 

私は、Arduino の Leonardo を使っていますが、ある時からスケッチ(プログラム)の書き換えでエラーが出て書き換えに失敗する様になりました。

原因としては、おそらく、スケッチの中でシリアル通信を使う様になったのですが、シールド基板にそのシリアル端子と接続した回路を実装していた為、シールドを載せた状態では書き換えに悪影響を及ぼして失敗していた模様です。


書き換えエラーを回避するコツ 1.
シールド基板を外して書き換えを実行してみる。

 

それから、スケッチが長くなったせいか、コンパイルして書き換えるまでに時間がかかる様になりました。
Arduino でブートローダーが立ち上がって、ユーザープログラムを開始するまでの間に、書き換えするか待ち状態が有るようですが、そのタイミングを逃して上手く書き換えが出来なかった様です。

そこで、コンパイル終了するちょっと前に、Arduinoのリセットスイッチを押して、ブートローダー起動直後に、書き換えが始まる様に調整してみました。何度かやると書き換えが成功できる様になりました。


書き換えエラーを回避するコツ 2.
コンパイル終了間際くらいを見計らって、Arduinoのリセットスイッチを押してみる。

 

以上の2つを実践すれば、大抵上手く書き換える事ができています。

 

お試しあれ!

| Arduino | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
Arduinoのココがよい!「開発環境がタダ!」
  最近ハマっているArduinoですが、これまでに別メーカーの数種類のマイコンでソフトウェアを作った経験がありますが、最近のマイコン事情で「すごい!」と思うのが、「開発環境がタダ!」という事です。Arduinoの場合、さらに便利な点があります。

無料の「統合開発環境」でコンパイルとプログラム書き換えができる!
 ArduinoはC言語風の構文のArduino言語で記述されたプログラム(Arduinoではスケッチと呼びます)を専用の「統合開発環境」でコンパイルして、Arduinoに転送、書き込みをする事でプログラムを書き換える事ができます。

 なんと、この「統合開発環境」はArduinoの専用サイトから自由にダウンロードしてインストールする事ができるのです。しかもタダで!

統合開発環境


Windows、MacOS、Linux、どのOSでも動く!
 おまけに、この「統合開発環境」はJAVAアプリケーションでできている為、WindowsやMac、Linuxなど、どのOSでも使用する事ができます(Arduinoの公式サイトで各OSに対応したインストーラが準備されています)。

接続するArduinoのタイプに合ったUSBケーブルの準備は必要
 それから、書き換えする為には、「統合開発環境」を動作させているPCと、Arduinoを接続する必要がありますが、USBケーブルで接続するだけで良く、ありがちな書き込み用のツール等は必要ありません(Arduinoのタイプにもよります)。
 ただし、私がやってしまった失敗ですが、「Arduino Leonardo」を購入して、さあPCとUSB接続するぞと思ったときに、MicroUSBタイプのUSBケーブルを持っていない事に気付いて接続出来なかった事があります。USBの変換ケーブルを購入して解決できたのですが、Arduinoを購入される際は、PCとの接続の仕様について確認が必要です。



Arduinoのご購入はこちらから

| Arduino | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
Arduinoで電子工作を楽しみたい人にマジでおすすめな本
JUGEMテーマ:オススメの本

おすすめな本: 「ボクのArduino工作ノート」

 大分前に Arduino Leonardo を購入しました。買った当時はちょこっと動かして楽しんでいました。いつか Robotのコントローラとして活用したろと思いを馳せながら、活用しないまま置いてあります。

 昨日本屋にぷらっと見に行ったら、Arduino を活用したすごく楽しい本を発見したので、思わず購入してしまいました。
本のタイトルは「ボクのArduino工作ノート」という本です。

 私がこの本に惹かれた点は、

 1. 具体的な製作例のプログラム、回路図(配線図)、部品表が紹介されていて、再現し易そう。
 2. 制作例が魅力的(私は LCD、マトリクスLED、マイクロSD、I2Cデバイス、学習リモコン等の例が気になりました)。
 3. 制作例が 1,280円以下の定番パーツで制作されている。
 4. 全ページカラーで読みやすい。

 などです。

 何か具体的な物を作りたい方の参考例になるネタが満載ですので、マジでおすすめな本です。ArduinoをLEDチカチカさせるのに飽きて、放ったらかしになっている方は是非お読み下さい。
 部品表が掲載されているので、秋月等の通販で入手する場合のパーツの金額をまとめてみたいと思います。


おすすめな本: 「たのしい電子工作 Arduinoで電子工作をはじめよう!」

 もうひとつおすすめな本が、「たのしい電子工作 Arduinoで電子工作をはじめよう!」という本です。

 前出の本はやや玄人さん向けの内容ですが、こちらは「Arduinoとはなんぞや?」というところから、Arduinoの統合開発環境のソフトウェアの入手とインストール方法についての説明もされていますので、初心者の方はこちらから読んだ方が理解が早いと思います。

 私もこれらの本を参考に、Robotコントローラを構成してみたいと考え中です。



Arduinoのご購入はこちらから

| Arduino | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ

Roaccutane