- 楽しみながら稼げるか?実践記録 -
Google
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< NINTENDO 3DSで撮ったムービーのパソコンへの取り込み方 | main | DVDレンタルの終焉!? >>
胃カメラによる精密検査の費用が思ったより掛かったよ!
JUGEMテーマ:健康

健康診断の結果

 11月中旬頃、健康診断の胃部X線検査の結果で、「病名:早期胃癌の疑い・胃炎」との結果が出て、要精密検査との所見をいただきました。

 「何っ! 早期胃ガン!?」 と、かなりびっくりしました。

 仕事や家庭の行事の折り合いもあり、1ヶ月ほど放置していました。
 結果を知るまではなんともなかった胃ですが、結果の通知が来てから、ちょっと違和感を感じる様になりました。

 「ああ、俺は胃ガンで思ったより早く死んでしまうのかも…。」 と気持ちも落ち込んで来ました。

 職場で検診結果を知っていた同僚の数名から精密検査したのか聞かれて、まだ行ってないとの話をしたところ、早急に行くべきだと諭され、取り敢えず胃カメラを飲んで調べる事にしました。

DEMECAL(デメカル)ピロリ菌検査キット(胃がんリスクチェック)
DEMECAL(デメカル)血液検査キット 胃がん+男性がんリスクチェック
≪デメカル血液検査キット≫「女性用ガン総合」セルフチェック
なかなか病院へ行く時間がない。そんなアナタへ!まずは胃がん送検診キット!気になったらすぐに!早めに対応!

精密検査(胃カメラ)の予約

 会社の通勤に利用している地下鉄の路線近辺の病院で、綺麗そうで、設備も良さそうな病院を調べて受ける事にしました。費用もホームページで、4,000円程度である事が分かりました。
説明と予約の為に一度伺い、胃カメラによる検査の日程や、注意点について確認しました。

 胃カメラは初めてなので、検査は半分寝た様な感じで行える鎮静薬を使用するか聞かれました。
その方が詳しく見れるからとの事で、鎮静薬を使用した検査をお願いしました。

胃カメラを飲む

 当日の検査は、胃の中を見やすくするシロップを飲んで、氷の麻酔薬を口の中で溶かして飲みながらのどを麻酔したり、鎮静薬を入れる為の点滴をしたりと進んで行きました。
胃カメラを口から入れる前にプラスティックのマウスピースの様な物を咥えました。

 先生の「これからこちらの胃カメラを入れていきますね。」という言葉を聞いたと同時くらいに意識が飛んでいました。
 「〇〇さん、起きて下さい。終わりましたよ。」という声で起きました。ですので、胃カメラの検査中は鎮静剤で眠っていた為、全く無痛というか記憶がありません。眠っていました。

検査結果

 検査の結果、癌など恐ろしい病気ではないが何故か胃自体は荒れていること、癌の原因となると言われているピロリ菌はいないこと、潰瘍が治った跡が2,3あることがわかり、潰瘍の治った中心部の細胞を取ったので、調べてみると説明いただきました。

 ひとまず、胃がんや怖い病気では無いことがわかり、ほっとしました。

 帰りに受付に呼ばれて受診料を払う段階で、9千円強と言われました。
「あれ、結構高くついたな。」と思いましたが、手持ちがなかった為に次来た時に支払う事になりました。

 鎮静剤を使ったので、その分が高く付いたのかな?と思いました。
そんなに高くなるのであれば、ひと言、言ってくれたら良かったのになとも思いました。

検査費用、1万円ちょっと

 年が明けて、その病院から細胞の解析結果が出たので、来て下さいと連絡がありました。受診料も支払わないといけません。もう一度ホームページで金額を確認して行く事にしました。

 調べると、ホームページには、「鎮静剤なし:3,520円、鎮静剤あり:4,250円」とあります。
どうやら、鎮静剤の金額では無かった様です。
 ただし、その下に、「病理検査 1臓器:+3,960円」とあります。細胞を採って調べると聞いていましたが、その費用は別にかかり、胃カメラを飲む検査費用と同じくらい掛かるという事がわかりました。

 病院に行き、先生に費用について確認したところ、今回はこの病理検査の費用が加算されているとの事でした。事前に説明が無かった点を尋ねると、 「聞かれなかったから」 との事でした。

「インフォームド・コンセント」ってなんだっけ?

 以前にマスコミで、よく「インフォームド・コンセント」という言葉を聞いた気がします。
私の理解では、治療方針を患者に説明し、患者さんや家族の方に理解頂いた上で治療を行うという事だと思っていました。

 Wikiで調べたところ、「インフォームド・コンセント(英: informed consent)とは、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。」とありました。
 続いて「正しい情報」とは「対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。」とあります。

今回の検査を受けて思ったこと

 今回の私の例では、費用についての説明をきちんと受けていなかったし、質問しなかった事が反省点だと思いました。
 先生も費用について、「病理検査に出すので、費用は別途4,000円程度掛かります。」と、ひと言説明するべきだったと思います。結果的には倍以上の費用になっていますから。
多分、病院側にとっては当たり前過ぎて、説明しなかったし、必要性も感じていなかったのだと推測されます。

 例えば、車のディーラーに車を点検に出した場合、点検以外に費用が掛かる場合は必ず説明をして断った上で作業すると思います。お医者さんの場合、費用についての感覚が普通と違うのかな?と思った出来事でした。

| 教えたいこと | 10:35 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
まあ、なんでもなかったからそういえるだけのことで・・
1万円くらいで、ぶつくさいうのも
どうでしょうか。

健康保険でカバーされてるから
日本はお金がそんなにかからないうえに
そこまで言わなくても・・

命助けてあげて、文句いわれる医者もかわいそうってもんです。
| せこい・・ | 2015/11/21 6:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

Roaccutane