- 楽しみながら稼げるか?実践記録 -
Google
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< アニメ作品が手軽に作れる!Nintendo3DSソフト「うごくメモ帳3D」がひそかにすごい! | main |
Arduinoのプログラム書き換えエラーが出る時の対処法
JUGEMテーマ:Arduino
 

私は、Arduino の Leonardo を使っていますが、ある時からスケッチ(プログラム)の書き換えでエラーが出て書き換えに失敗する様になりました。

原因としては、おそらく、スケッチの中でシリアル通信を使う様になったのですが、シールド基板にそのシリアル端子と接続した回路を実装していた為、シールドを載せた状態では書き換えに悪影響を及ぼして失敗していた模様です。


書き換えエラーを回避するコツ 1.
シールド基板を外して書き換えを実行してみる。

 

それから、スケッチが長くなったせいか、コンパイルして書き換えるまでに時間がかかる様になりました。
Arduino でブートローダーが立ち上がって、ユーザープログラムを開始するまでの間に、書き換えするか待ち状態が有るようですが、そのタイミングを逃して上手く書き換えが出来なかった様です。

そこで、コンパイル終了するちょっと前に、Arduinoのリセットスイッチを押して、ブートローダー起動直後に、書き換えが始まる様に調整してみました。何度かやると書き換えが成功できる様になりました。


書き換えエラーを回避するコツ 2.
コンパイル終了間際くらいを見計らって、Arduinoのリセットスイッチを押してみる。

 

以上の2つを実践すれば、大抵上手く書き換える事ができています。

 

お試しあれ!

| Arduino | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

Roaccutane